ワタミ・渡邉美樹ペディア

渡邉美樹氏・ワタミグループについて報道された記事を保管している、「ウィキペディア(Wikipedia)」ならぬ「ミキペディア(Mikipedia)」である

好調なはずのワタミ隠しの急先鋒「三代目 鳥メロ」が何故か数店舗を閉店

日経MJ(2017年12月20日 水曜日)より抜粋
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24894300R21C17A2H11A00/


ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党


居酒屋生ビール コスパ最強は鳥メロ

 忘年会真っ盛り。今年も「とりあえず生ビール!」と景気良く締めくくりたい。でも外食では今秋値上げが相次いだだけに、コストパフォーマンスも気になるところ。あまたある居酒屋チェーンのなかで、ビールをお得に飲めるのはどこなのか。ビール好きの皆さんに代わって、日経MJ記者“安上がり決死隊”が突撃取材で徹底調査した。



 「ビールのジョッキが昔に比べ小さくなっている」。ある酒類卸を取材しているとこんな情報を耳にした。本当か。そもそもジョッキのサイズは何ミリリットルなのか。チェーンで違いはあるのか、どこがお得なのか――。
 こんな疑問が浮かび、東京と大阪の計5人で取材班を結成。18のチェーンで1店ずつ突撃取材を試みた。
 調査方法はこうだ。まず生ビールを注文。出てきたビールを飲み干してから水を入れ、ジョッキのサイズを量った。ビールそのものを量ると泡の量で違いが出てしまうためだ。
 12月上旬の平日夜、取材班がまず訪れたのは、東京・秋葉原にある「魚民 秋葉原中央通り店」(東京・千代田)。生中を注文。料理も運ばれたところで、ビールを飲み干し、いざ実測。店員の目を気にしながら空のジョッキに水を注ぐ。それを市販のビーカーへ移して目盛りを読み取るこんな作業を各チェーンで繰り返し、一覧を得た。
 コスパが高かったのはどこか。チェーンによってジョッキの容量が異なるため、定価(税別)を容量で割り、1ミリリットルあたりの価格を求めた。その結果、単価が最も安いのは「三代目 鳥メロ」の1ミリリットルあたり0.55円だった。2位が「やきとりセンター」で0.74円。これに「鳥貴族」と「ミライザカ」の0.83円が続いた。鶏肉ブームが続くなか、ビールの安さでも焼き鳥系チェーンがトップ3を独占した。
 鳥メロとやきとりセンターのビールの銘柄はアサヒビール「スーパードライ」だが、鳥貴族とミライザカはサントリービール「プレミアムモルツ」。3、4位がプレミアムビールという点を考慮すると、鳥メロ、鳥貴族、ミライザカの3チェーンの差はほとんどないと言えそうだ。
 安さは消費者を引き付ける。「生ビールのコスパがいいのでこの店を利用する」。12月中旬の平日夜。三代目鳥メロ銀座土橋店(東京・港)に友人女性を来店した神奈川県の会社員、林紗世さん(27)は生ビール中ジョッキを片手に満足げだ。生ビールの価格は居酒屋選びの決め手の1つ。「価格を気にせず気軽に飲める」ので、三代目鳥メロは1回の来店で生ビール中ジョッキを10杯近くも堪能するという。
 同じく12月中旬の平日、大阪市の鳥貴族に同僚と来ていた会社員の田口紀之さん(43)はビールを3杯飲んだ。「居酒屋と言えば鳥貴族。それ以外のチェーンは一切足を運ばない」と興奮気味に話す。
 逆に最も単価が高かったのが「塚田農場」で1.39円だった。「はなの舞」と「山内農場」の1.32円がこれに続いた。今回の調査は生中ジョッキサイズ価格に絞った単純比較メニュー考慮に入れていない最下位となった塚田農場では、「鶏肉や野菜などの高品質な食材を料理に使うが、価格は抑えて提供する」(エー・ピーカンパニー)。その分をビールの価格で相殺しているという。
 居酒屋チェーンによって生ビールの単価には違いがある。この結果をどうみるか、夜の街に出て聞いてみた。
 サラリーマンの街、東京・新橋。同僚と飲み会を終えた直後だという会社員の菊池雅巳さん(52)は居酒屋選びのポイントは「すぐに座れて、雰囲気のいい店」という。ビールの安い店チェーンは「混んでいて予約が必要だったりするので使わない」。その一方で、東京・高田馬場友人6人と飲んでいたという専門学校生の渡辺紗耶さん(20)は「少人数で行く場合はビールも食べ物も安い鳥貴族とか」やはり学生の方がコスパ意識は高いようだ。



ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党








「渡邉(わたなべ)美樹 - ホーム | Facebook」(2017年12月28日)より抜粋
https://www.facebook.com/watanabemiki.official/photos/a.149840275140249.3701.119769421480668/629310717193200/?type=3&permPage=1


ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党


【2017年を振り返って】 

2017年、酉年も終わろうとしています。

今年を振り返ると
5月に、次男が結婚式を挙げました。
「鴛鴦(おしどり)夫婦」になって欲しいと、親として切に願いました。
10月には、その次男夫婦のもとに「コウノトリ」が、
私にとって初孫を運んで来てくれました。

そして、年の瀬の先日。
日経MJの一面にワタミグループが展開する
「三代目鳥メロ」ビールをお得に飲める」コストパフォーマンスランキング1位で紹介されました。
「ミライザカ」4位
創業者として、これはとてもうれしい評価です。

経営者出身の政治家として私が一貫して訴えているのは
この「コストパフォーマンス」です。

年の瀬の日経本紙には「歳出抑制自民息切れ?」と
厳しい見出しの記事もありました。

税金の「コストパフォーマンス」をいかにあげていくか、
国の経営にはまだまだ、その改善の余地があると考えます。

この年末、増税の政策決定が相次ぎました。
その税金がどう使われ、どれだけの効果を生むのか・生んだのか、
その「コストパフォーマンス」が、より問われることになります。
来たる年も、私らしく「経営者目線」で政治をしていく決意です。

「鴛鴦(おしどり)」、「コウノトリ」、そして、「三代目鳥メロ」を
はじめとするワタミグループのミライを感じる出来事。
とても幸せな2017年、「酉年」でした。

皆様に深く感謝します。

どうぞ良い年を、お迎えください。








「ワタミ株式会社」(店舗検索)より抜粋
http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/?from=watami


ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党

【199円生ビールと絶品焼き鳥 居酒屋】 「三代目 鳥メロ菊川駅前店 ※2017年12月31日 閉店
12/31(木)をもって、閉店させていただくこととなりました。長年のご愛顧誠にありがとうございました。




ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党

【199円生ビールと絶品焼き鳥 居酒屋】 「三代目 鳥メロ久米川店 ※2018年1月31日 閉店
1/31(水)をもって、閉店させていただくこととなりました。長年のご愛顧誠にありがとうございました。




ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党

【199円生ビールと絶品焼き鳥 居酒屋】 「三代目 鳥メロ新検見川南口店 ※2018年1月31日 閉店
1/31(水)をもって、閉店させていただくこととなりました。長年のご愛顧誠にありがとうございました。









【備考】「日本経済新聞」(2017/11/14 22:15)より抜粋
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23466620U7A111C1TJ2000/


ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党


ワタミ、「和民」で客戻る 4年ぶり経常黒字

 ワタミが低迷から脱しつつある。14日発表した2017年4~9月期の連結決算は経常損益が赤字予想から一転、4年ぶりの黒字に転換した。主力の居酒屋和民看板を外して焼き鳥店などへの転換を一気に進め、客が戻ってきた今後もステーキやイタリア料理など多角化路線で生き残りを図るという。はたして長いトンネルを抜けたと言えるのか。

 「社員とともに一丸となって進めた改革が少しずつ実を結んでいる」。14日都内で開いた記者会見で、ワタミ清水邦晃社長はこう強調した。

 4~9月期の経常損益は1億5600万円の黒字(前年同期は9億2600万円の赤字)。営業損益と最終損益は赤字だが、それぞれ7億円、10億円の赤字とした期初予想から赤字幅が2億円強まで縮小した。通期はすべて黒字を見込む。

 回復をけん引したのは焼き鳥店三代目鳥メロと鶏料理中心の居酒屋ミライザカだ。競合鳥貴族ヒント16年6月から出店を始め客足が順調とみるや今年3月から一気に和民からの転換を加速した。

 友人らと「ミライザカ」を利用するという男性会社員(35)は「当初はワタミの店舗だと分からなかった。お酒が低価格なので利用しやすい」と満足げだ。新業態の好調で、伸び悩んでいたワタミの既存店売上高は9月まで13カ月連続で前年比プラスで推移。客数も4~9月に前年同期比7%増えた。焼き鳥や唐揚げなどは原価率が低く、利益面での貢献も大きい。

 一方で不採算店の閉鎖も進め、14年3月末に587店あった「和民」「わたみん家」など和民ブランドの居酒屋は17年9月末で約200店に減少した。9月末の「鳥メロ」「ミライザカ」は計190店。今期中には和民ブランドの店舗数を抜く見通しで、「わたみん家」は19年春までにすべて新業態に転換する。17年4月にはレストラン事業部を新設し、ステーキ店など居酒屋以外の出店にも力を入れる。

 ワタミの業績不振が顕著になったのは14年3月期から。売上高で過去最高を更新しながら営業利益が7割減った。積極出店と同時に安売り競争を仕掛けたことが自らの首を絞める形となり、不採算の店が続出。15年3月期には経常赤字に転落した。さらに「365日24時間死ぬまで働けといった社訓問題視され、ブラック企業」イメージから客離れに拍車がかかった。

 今期の売上高はピークから4割減の960億円と、11年ぶりに1000億円を下回る見通しだ。無駄を排除してきた結果でもあるが、今期予想の売上高営業利益率は0.5%で、11年前の4.1%に遠く及ばない。

 多種多様な業態を展開する手法は共通化できる部分が少なくコストもかさむ。多角化はあくまで窮余の策だ。大量出店に堪える新たな主力ブランドをどう育成するか。完全復活への道のりはまだ遠い。(小田浩靖)








「渡邉(わたなべ)美樹 - ホーム | Facebook」(2017年11月15日)より抜粋
https://www.facebook.com/watanabemiki.official/posts/606014082856197


ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党


明けない夜は無い

11月に入り、まだ薄暗い朝6時。
携帯にメールが届きました。
「新聞見ましたか。」

ワタミの社長から、気持ちを抑えつつも
喜びを確かめる内容の文章でした。

「ワタミ4年ぶり黒字」
ちょうど私も新聞を見たところでした。

社長の携帯には朝6時にも関わらず
「新聞を見ました。自分ごとのようにうれしいです。」
苦難の4年を信じ共にしてくださった取引先の方から
熱い内容のメールが届いたそうです。

辛い時もワタミを応援してくださった方のことは
一生忘れてはいけない、そう思います。


数通のメールのやりとりをしていると、
朝日が昇り、外は明るくなっていました。

どんなに暗くても

「明けない夜はない」

そのことを、心から知った4年でした。

この黒字を刺激に
私は財政金融部会で、国の黒字に取り組みます。

カツラに刀、
私には出来きない戦い方にも
引き続き期待しています!







備考】「ワタミ株式会社」(店舗検索)より抜粋
http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/?from=watami


ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党

炭火焼鳥と高知の旨いもん はりまや橋 三ツ星酒場 ※2017年9月30日 閉店
9/30(土)をもって、閉店させていただくこととなりました。長年のご愛顧誠にありがとうございました。




ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党

今津酒場「わたみん家」 ※2017年9月30日 閉店
10/6「三代目 鳥メロ」としてリニューアルオープンのため、10/1~10/5は休業いたします。



ワタミ ブラック 渡邉美樹 ブラック企業 和民 清水邦晃 ミライザカ 三代目鳥メロ 閉店 自民党

北海道 港町酒場 わたみんち ※2018年2月17日 閉店
2/23 「三代目 鳥メロ」としてリニューアルオープンのため、2/18~2/22は休業します。



スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad