ワタミ・渡邉美樹ペディア

渡邉美樹氏・ワタミグループについて報道された記事を保管している、「ウィキペディア(Wikipedia)」ならぬ「ミキペディア(Mikipedia)」である

ブラック企業という風評被害によりワタミ、郁文館ともに定員割れ

「日経MJ - 日本経済新聞」(2014年4月9日)より抜粋
http://www.nikkei.co.jp/mj/


日経MJ ワタミ 新入社員 定員割れ 人手不足 60店舗閉鎖 自民党 渡邉美樹 桑原豊


店員不足 成長に足かせ
大量出店モデル限界も


外食・小売業で人手不足が深刻だ。ワタミ慢性的な人手不足を解決するため全店の1割にあたる60店舗を閉鎖して人手を確保。小売り各社もパートを正社員に転換するなど対策に追われている。企業は成長の源泉となる出店すらままならない危機にぶつかっている。

パート・アルバイトの時給は上昇している
平均時給(2月)
全業種平均・・・・・・・948
外食業・・・・・・・・・・・924
小売り・サービス業933円



過労防止へ60店舗閉鎖 ワタミ

 「労働環境を良くするには店舗閉鎖しかない」。3月初旬の役員会、ワタミの桑原豊社長は重い口を開いた。2カ月にわたって考え抜いた末、経営にとって最も厳しい選択を受け入れることにした。会議室には重苦しい空気が漂っていたが「今ここで対処しなければ企業の存亡にかかわる」と桑原社長は続けた。そして3月27日、居酒屋の役60店の閉鎖を発表した。
 人手不足が深刻になる小売や外食。中でもワタミへの風当たりは強い。2008年4月に入社した女性社員が自殺。その後「過重労働が原因で適応障害を発病した」として女性は労災認定されたからだ。大手であり、創業者の渡辺美樹氏は政治家に転出した著名人。改善策も講じたが、ネットを中心にワタミブラックと非難が激しくなった。
 ワタミは昨年7月、外部弁護士などによる有識者委員会を設置。今年1月、委員会はワタミ外食事業正社員1346人を対象にしたアンケートなどをもとに、調査結果をまとめた。「時間労働や休日労働の限度を超えて働いたことがある者多数存在する」――。報告書には厳しい指摘が並んだ。

 同社は今年度、240人新卒採用計画していたが、1日に入社したのは半分の120人ブラック企業という風評被害一人歩きして、新卒も満足に確保できないのが現状」桑原社長は明かす。自らの身を切る選択しかワタミには残されていなかった。
 ワタミと同様、人手不足で一部店舗の休業に追い込まれたのが、この6年で店舗数を2倍に増やしたゼンショーHDの「すき家」だ。









「朝日新聞」(2014年5月24日05時00分)より抜粋
http://www.asahi.com/articles/DA3S11152382.html


朝日新聞 ワタミ ブラック 風評被害 渡邉美樹 桑原豊 ブラック企業 自民党 労働基準法違反 過労死 過労自殺 労災

(ザ・コラム)私たちの職場 ようこそ、人手不足 有田哲文(編集委員)

 これもアベノミクスの成果なのだろうか。
 「和民」の居酒屋チェーンで知られるワタミが、人手不足が理由で60店舗の閉鎖に追い込まれた。ワタミといえば、労務管理問題指摘された会社。若者使い潰すという意味でブラック企業だ」という人もいる。景気が良くなったことで、問題の多い企業から人が逃げ出しているのか。そんな疑問を抱いて、ワタミ創業者で今は自民党参院議員渡辺美樹氏に会った。
 政治家としての渡辺氏は、アベノミクス効果を誇った。「第1の矢(金融緩和)、第2の矢(財政出動)が効いています。景気の『気』が盛り上がり、みなさんが『前に進んでいこう。そのためには人手が必要だ』となっていると思います」
 でも、ワタミ創業者としては心中複雑ではないか。外食産業は全体に人手不足になり、なかでもワタミは際立っている。
  「ブラック企業という風評被害売り上げ落ち集まらなくなったこれが現実ですアルバイトしようと高校生大学生相談するとワタミ? やめときな評判悪いから』と言われてしまう
 風評被害、というのは身びいきすぎるだろう。過労の末に社員自殺している。外部有識者による調査でも長時間労働などの問題指摘された。









「日経ビジネス」(2014年4月7日号)より抜粋
http://business.nikkeibp.co.jp/article/premium/20140402/262260/?ST=nbsbn1


日経ビジネス ワタミ ブラック企業 批判 自民党 渡邉美樹 桑原豊 店員不足


ワタミ、“ブラック”返上なるか

居酒屋チェーンのワタミが国内店舗の約1割を閉鎖する。
社員の労働環境の改善を図り、深刻な人手不足を解消する狙いだ。
今回の取り組みによって、“ブラック企業”の汚名は返上できるのか。



 居酒屋チェーンのワタミは同社が展開する国内約640店のうち、約1割に当たる60店を2014年度中に閉鎖すると発表した。店舗削減によって生じた余剰人員を近隣店舗に振り分けることで、社員の労働環境を改善を目指す。
 きっかけとなったのは元女性社員が長時間労働を理由に自殺した問題だ。これが労災認定され、ワタミは外部の有識者による検討委員会を設置。労働環境を調べたところ、過去に所定労働時間を越える長時間労働が蔓延し、始業・終業時間を正しく記録していない実態が浮き彫りになった。
 今回の店舗削減は、労働環境を改善する取り組みの一つ。約1割の店舗を閉鎖することで、1店舗当たりの平均社員数を現状の1.66人から1.83人になる。中途採用なども続け、2014度上半期中(原文ママ)に「1店舗当たりの平均社員数を2.0人まで高める」とワタミの桑原豊社長は語る。
 店舗の営業時間も見直す。同社では通常、平日は深夜3時、週末は深夜5時まで店舗を営業する。今後は需要のない店舗を中心に、平日は深夜1時、週末は深夜3時までに営業時間を縮める。既に103店舗は営業時間を短縮しており、今後は残る店舗も見返す。
 ほかにも研修などの時間を半分以下に削減し、メンタルヘルスの相談窓口を設けて労働環境の改善を図るという。

「業績に影響してもかまわない」

 「人材を使い捨てにする」「劣悪な労働環境」―――。数年来、ワタミはこうしたブラック企業批判を受けてきた。直近の人材逼迫も重なり、「昨夏からは特に人が集まらなくなった」桑原社長は明かす。1人当たり採用コスト社員アルバイトともに従来の2倍に達し、2014年度新卒社員計画半分しか採れなかった。店舗閉鎖などによる労働環境の改善で、人材の集まりづらさを解消することを狙う。
 ワタミグループの中でも国内外食事業は売上高の半分弱を担う主要事業。だが「一時的に業績が悪化しても、まずは労働環境を改善する」(桑原社長)。
 今回の取り組みに対して、ブラック企業に詳しいコンサルタントの新田龍氏は「まだ対策は不十分」と指摘する。「社員やアルバイトの給与制度を見直し、処遇を改善した上で労働環境を整えない限り、人材が集まりづらい状況は改善しない」というのだ。ワタミ側も「(今回の取り組みだけで)ブラック批判消えるとは思わない」(桑原社長)と語る。
 今や大手外食チェーンの多くが人手不足にあえいでいる。対策を講じない限り、さらに人材は逼迫し、店舗営業すらままらなくなる。ワタミの一連の取り組みは、“脱ブラック”とともに、深刻化する人手不足の解決策の一つともなり得るのだろうか。

(日野 なおみ)









「日経ビジネス」(2014年5月8日(木))より抜粋
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140507/264127/?P=1
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140507/264127/?P=2


日経ビジネス ワタミ ブラック 赤字 人手不足 閉店 エリア限定社員 渡邉美樹 桑原豊 門司実 清水邦晃 吉田光宏 栗原聡


【特報】ワタミ、アルバイト100人を正社員化
エリア限定社員」を本格導入


ワタミは2014年6月から転勤を伴わない「エリア限定社員」制度を本格導入する。賞与を支給し、店長にも昇進できるようにする。アルバイトから正社員への登用を年間100人程度にする。




 ワタミは2014年6月から、「エリア限定社員」の制度を本格的に導入する。転勤を希望しない人にも門戸を開くことで、アルバイトからの正社員登用を増やす狙いだ。足元の景気回復に伴い、採用環境は厳しくなっており、制度を拡充することで人材の確保を急ぐ。働き方が多様化する中で、転勤を伴わないエリア限定社員を導入し、人材を囲い込む動きが労働集約型の産業を中心に広がってきた。

 桑原豊社長が本誌の取材に対して明らかにした。

 ワタミには、現在もエリア限定社員の制度はあるものの賞与支給ないなど、条件面の整備ができていなかった。アルバイトにとり、正社員になるメリットは少ないため、現在のエリア限定正社員は数名程度と、実質的にはほとんど機能していなかった

 今回新たに導入する制度では、エリア限定社員に対して賞与が支給されるほか、福利厚生も通常の正社員並みに拡充する予定。更に、エリア限定社員になれば、店長まで昇進することができるようになる。給与転勤を伴う正社員比べる少ないが、転勤を希望しない人には需要があるとみている。この制度の導入で、現在は年間40人程度のアルバイトから正社員になる人の数を、100人程度まで引き上げる。

(中略)

 ワタミの居酒屋和民でも平均20名程度のアルバイトが働いており、採用難は店舗の運営深刻影響を与えている。


日経ビジネス ワタミ ブラック 赤字 人手不足 閉店 エリア限定社員 渡邉美樹 桑原豊 門司実 清水邦晃 吉田光宏 栗原聡


環境改善で「ブラック企業」のイメージ払しょく

(前略)

 労働環境が過酷な「ブラック企業」と批判されてきたワタミは、イメージ払しょくのため、労働環境の改善も急いでいる。全国に約640ある店舗の1割弱に当たる約60店を2014年度中に閉店することを決めた。閉店した店舗の従業員は、別の店舗に異動させる。アルバイト足りない分、正社員にかかる負荷大きくなっている現状を改善する。









【備考】「日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京」(2014年02月04日放送 第601回)より抜粋
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20140204.html


ガイアの夜明け 外食産業 アルバイト パート 人手不足 時給アップ 対策

人が足りない..."外食"驚きの一手!

景気が上向き始め、アルバイトやパートなどの雇用状況も改善しつつある昨今、相変わらず人集めに苦戦しているのが外食業界だ。新規出店が増えていることもあり、猫の手も借りたい状況。しかし、コンビニなど他業種との競合が激しさを増し、時給アップはもちろん、様々な条件を付けないと人が集まらないという。そんな中、どう人を確保し、辞めさせないか。さらに少ない人数でも利益が出せる店をどう作るか...など生き残りをかけた取り組みが始まっている。普段店で食事をしているだけではわからない、"外食"の苦闘を取材する。




ガイアの夜明け 人手不足 対策 ステーキくに ペッパーランチ 長崎ちゃんぽん リンガーハット モンテローザ 山内農場 APカンパニー 塚田農場


なぜ高級ステーキ店が"立ち食い"を!?

 1970年に創業したステーキ店「ステーキくに」。100グラム6500円の神戸牛など様々なブランド牛を客の目の前で好みの大きさや厚さにカットし、焼いてから提供する本格的なステーキ店だ。現在、都内を中心に9店舗を展開し、今後も積極的に店舗を増やす構えだ。しかし、ここにきてこれまでよりアルバイトが集まらなくなっているという。時給1000円を超える条件で募集しても反応は鈍い。肉のオーダーカットなど店の売りであるサービスはどれも人手のかかるものばかり・・・。このままでは新しい店舗展開をしようにもままならない。そこで新たに考案したのが、少ない人手でもオペレーション可能な"立ち食いステーキ店"。これまでより狭い店舗で、スタッフが効率的に動けるようなシステムを作って、従来の半分の人数でも運営できるようにする。さらに立ち食いで客の回転を良くすることで、高級肉のステーキをより安く提供できるようになるという。食の激戦区、東京・銀座でスタートした新店舗の名は「いきなり!ステーキ」。果たして文字通り、"いきなり"狙い通りいくのだろうか・・・。

人手が足りないなら機械を作れ!ちゃんぽん店の仰天戦略

 全国500店舗以上の麺チェーン「長崎ちゃんぽん」を展開する「リンガーハット」。外食の大手と言えどもアルバイトの確保には悩みが尽きない。そこでリンガーハットも効率のいい新たな店づくりに取り組んでいる。それは客が実際に料理を持って店内を移動するセルフ式。しかも、客がレジに並んでいる間にいろいろなトッピングを選べる「マイちゃんぽん」式を考案した。さっそく実験店舗で試してみたのだが、その結果は・・・。そしてさらなる一手が、人手をあまりかけずに効率的に調理が出来る機械の導入だ。実は、リンガーハットは調理器具を開発・製造する自社工場を持っている。佐賀にある工場を訪ねると、そこでは「より早く麺をゆでる機械」と「具をより効率的に調理できる機械」の開発が進んでいた・・・。これが完成すれば、スタッフ一人でこれまでの半分の時間でちゃんぽんを提供できるようになるというのだが・・・。その実力やいかに・・・。

アルバイトに就活支援!?居酒屋チェーンの人材確保作戦

 外食産業の中でもより人集めに苦戦しているのが居酒屋業界。アルバイトの主力は学生たちだが、定着率は低い。そこで各社とも、新規採用に加えて、今いる人材をいかに辞めさせないかに苦心している。大手のモンテローザは、2週間やめなかったバイトには一時金支給さらにお金に困っているバイトには、給料を支給日の前に受け取ることも出来るようにするなど、あの手この手で引き留めを図る。同じく居酒屋業界で、塚田農場などを展開する大手のエー・ピーカンパニー。就職活動を機に辞める学生バイトが多いため、無料で就職活動セミナーを開催するなど、就活とバイトを両立してもらえる取り組みを始めた。それだけではない。会社側一般企業に対し、アルバイト学生たちを採用試験優遇してもらえるよう働きかける、という試みまで始めた。そろそろ就職活動が本格化する時期に入る。これで貴重な戦力を引き留めることができるのだろうか・・・。









「週刊文春」(2014年4月17日17日号)より抜粋
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3852


週刊文春 郁文館 ワタミ ブラック企業 批判 自民党 渡邉美樹 桑原豊 人手不足 雇用悪化 定員割れ


「ワタミはブラック企業?」と就活学生にも
突っ込まれた渡辺美樹



 「みんなが腹に力を入れて『ふざけるな、何がブラックだ。出て来い!』そんなふうに思っていれば、今回のピンチはなんでもない」
 三月中旬、ワタミグループ全体会議出席し、こう檄を飛ばしたのは、創業者のは渡辺美樹参院議員だ。
 本人も認める通り、ワタミの経営が“ピンチ”に陥っている。


 ワタミは既に昨年十月、業績予想を五〇%減益に下方修正しているが、「実際の数字はそれすら下回りそうです。なかでも国内外食は深刻で、会議でも渡辺代表が『今期は事業単体で赤字の可能性すらある』と言っていました」(ワタミ社員)
 さらに三月二十七日には、労働環境の改善と人員確保を理由として、国内外食事業の既存店舗の約一割、六十店を閉鎖すると発表した。背景にあるのが、深刻な人員不足だ。ワタミの桑原豊社長はインタビューでこう明かしている。<昨夏からは特に人が集まらなくなった>「『日経ビジネス』四月七日号」
 一人当たりの採用コストは従来の二倍になり、二〇十四年度の新卒社員は計画の半分しか採用できなかった。人が集まらないのはワタミだけではない。
 冒頭の会議で、渡辺氏は理事長を務める郁文館夢学園の現状を語っている。「僕がやっている郁文館という学校の生徒募集(の応募者)が半分になってしまいました」「理事等面接で、一人の男の子が手をあげた。『この学校は遅刻をすると反省文百枚ですか? 僕、作文苦手なんですけど』という奴がいた」
 だが、渡辺氏は相変わらず意気軒昂だ。この会議でも介護宅食足踏みし、外食がもう一段落ちたのは、間違いなく風評被害開き直ってみせた
 ただ、ワタミ公表したデータによれば、入社三年後離職率五〇%前後で、過酷とされる飲食業平均をも上回る。さらに、ワタミが自ら設置した「外部有識者による業務改革検討委員会」調査報告書でもこう記されている。
 <所定労働時間を越える長時間労働慢性化している>
 有名になった365日24時間死ぬまで働けという理念集の言葉については、<上場企業の代表者(当時)の発言としてはより慎重な言い方が適当と考えるとともに、理念集内容再検討することが望ましい
 そもそも渡辺氏は参院議員立候補する際、ワタミ経営からは退いたはず。役員外れていますが、創業者という肩書きで、以前と同じように口を出してきます。毎月直筆のメッセージ寄稿し、ビデオレターにも登場する。いつまでたっても渡辺商店なんですよ……」(別の社員)
 確かに、渡辺氏のフェイスブックは、新店舗の視察や新商品の紹介など、ワタミ関連の記事が多い。また、今年のワタミの就活セミナーにも登場したという。
 このセミナーでは、学生からの「世間からブラックと呼ばれて、信念が曲がった事はありますか?」という質問を受けて、こう語った。「『週刊文春』こいよ!といつも思ってます」
 これまで渡辺氏は小誌のインタビュー依頼に一度も応じていない。発言を受けて、改めて取材を申し込んだが、回答はなかった。国会議員としての仕事ぶり聞こえてこない渡辺氏。いっそバッジを外してワタミの再建に専念してはどうか。
 









【備考】「東京都生活文化局」(プレス発表資料 2013年2月4日、2014年2月3日)より抜粋
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/shigaku/press/pdf/2013/140203_4.pdf


平成26年度都内私立高等学校入学応募者状況【一般入試・中間】


郁文館夢学園 ワタミ 和民 渡邉美樹 自民党 定員割れ 2014年


[全日制男女校]
学校名・募集区分・募集人員応募人数・願書締切日・選抜日・合格発表日・入学手続締切日・併願者の特例取扱い


[文京区]
郁文館・普通科 ※一般(帰国生含む)・8039・2/7・2/11・2/12・3/1・A
郁文館グローバル・国際科 ※一般(帰国生含む)・3033・2/7・2/11・2/12・3/1・A








【備考】「郁文館夢学園」(学園概要>学園情報)より抜粋
http://www.ikubunkan.ed.jp/outline/index.html


郁文館 生徒数 2012年4月1日


2012/04/01 現在

全校生徒数 1589



郁文館 生徒数 125人減 定員割れ


2013/04/01 現在

全校生徒数 1464



郁文館夢学園 生徒数 241人 減少 定員割れ ワタミ 渡邉美樹


2014/04/01 現在

全校生徒数 1223



郁文館夢学園 自民党 渡邉美樹 教師 学生 生徒数 激減 定員割れ 評判 グローバル 

2015/04/01 現在

全校生徒数 1133








追記】「日本教員採用 - 教師を目指す人の就活・転職支援」(2015年11月5日)より抜粋
http://kyoin.jp/tokyo/ikubunkanyumegakuen/english
http://kyoin.jp/tokyo/ikubunkanglobal/english


ワタミ 郁文館 渡邉美樹 自民党 和民 ブラック 教員 講師 非常勤 求人 年収 月収 雇用 大量採用


郁文館中学校・高等学校・郁文館グローバル高等学校
勤務内容
勤務形態:常勤講師(含副担任業務)および常勤・非常勤講師(教科指導のみ)
給与賞与
常勤(副担任)講師:年俸3,591,000円(賞与・副担任手当含む)
常勤・非常勤講師:1単位時間につき、月12,000円を支給(1時間3,000円相当)

交通費はいずれも実費支給
尚、週5日以上の勤務かつ受け持ち時間数15時間以上の条件を満たした場合、私学共済保険に加入できます。


ワタミ 郁文館 渡邉美樹 自民党 和民 ブラック 教員 講師 非常勤 求人 年収 月収 雇用 大量採用

郁文館中学校・高等学校
英語科の教師・講師の募集 募集中
国語科の教師・講師の募集 募集中
数学科の教師・講師の募集 募集中
社会科の教師・講師の募集 募集中
理科科の教師・講師の募集 募集中
家庭科の教師・講師の募集 募集中


ワタミ 郁文館 渡邉美樹 自民党 和民 ブラック 教員 講師 非常勤 求人 年収 月収 雇用 大量採用

郁文館グローバル高等学校
英語科の教師・講師の募集 募集中
国語科の教師・講師の募集 募集中
数学科の教師・講師の募集 募集中
社会科の教師・講師の募集 募集中
理科科の教師・講師の募集 募集中
家庭科の教師・講師の募集 募集中









「渡邉(わたなべ)美樹 | Facebook」(2014年4月8日3:01)より抜粋
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=239364379521171


ワタミ 渡邉美樹 自民党 ブラック批判に反論 facebook 新入社員


ワタミグループ新入社員を前に創業者として講話をしました。

一部指摘正論かつ事実であれば、誰ひとり入社する人はいないはずです…。

しかし現実違います


今年の新入社員はそう言った面で「自分の頭で考えられる」面々です。

しかし振り返れば「居酒屋が上場なんて夢のまた夢」と言う
創業期に入社してきた今の幹部たちもいます。

そんな幹部と、彼ら今年の新入社員には
「人がなんと言おうが」と言う
根底相通ずるものがあるのではと期待します。

2014年入社組、未来この中から生え抜き社長が誕生するやもしれません…。

活躍が楽しみです!








「SankeiBiz(サンケイビズ)」(2014.11.8 08:00)より抜粋
http://www.sankeibiz.jp/business/news/141108/bsd1411080500014-n1.htm


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 赤字 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 桑原豊 居酒屋


ワタミ、業績見通し下方修正 低迷する総合居酒屋業界

 居酒屋チェーン大手のワタミは7日、2014年9月中間期と、15年3月期決算の連結業績見通しを下方修正すると発表した。15年3月期当初20億円の最終黒字見込んでいたが、一転して30億円赤字転落する。最終赤字2期連続の見通し。

 総合居酒屋業界全体の低迷に加え、ワタミ従業員勤務実態過酷である“ブラック企業”とされ、このイメージ払拭しきれず客数売上高減少したもようだ。

 9月中間期は売上高が予想より4%減に修正。本業のもうけを示す営業損益が黒字から赤字に転落すると下方修正した。


スポンサーサイト

FC2Ad