ワタミ・渡邉美樹ペディア

渡邉美樹氏・ワタミグループについて報道された記事を保管している、「ウィキペディア(Wikipedia)」ならぬ「ミキペディア(Mikipedia)」である

財務状況が不安定なワタミによる2ヶ月で店名を変更する経営戦略

「ワタミフードシステムズ株式会社|ワタミグループの外食・居酒屋」(店舗検索)より抜粋
http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detail/672


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 清水邦晃 隠し 千代田区神田駿河台2-1-17 御茶ノ水SIAビル2階


丸焼きチキン&セルフBar「GA-BU-RI」御茶ノ水駅前店

同ビルB1・B2Fに炭火焼だいにんぐ「わたみん家」御茶ノ水駅前店、3・4・5Fに語らい処「坐・和民」御茶ノ水駅前店ございます!

特長
住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-17 御茶ノ水SIAビル2F
禁煙席 無
最寄駅 JR中央線 御茶ノ水駅
総席数 65 席


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 








「ワタミフードシステムズ株式会社|ワタミグループの外食・居酒屋」(店舗検索)より抜粋
http://www.watamifoodservice.jp/shopsearch/home/detail/672


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 


ロティサリーチキン&飲み放題「鶏ふぇす」御茶ノ水駅前店※7/26(日)より店名変更
ロティサリーチキンアンドノミホウダイ トリフェス オチャノミズエキマエテン

同ビルB1・B2Fに炭火焼だいにんぐ「わたみん家」御茶ノ水駅前店、3・4・5Fに語らい処「坐・和民」御茶ノ水駅前店ございます!

特長
住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1-17 御茶ノ水SIAビル2F
禁煙席 無
最寄駅 JR中央線 御茶ノ水駅
総席数 65 席


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 








「ワタミ WATAMI - Facebook」(2015年9月18日 2:50 )より抜粋
https://www.facebook.com/watamigroup/posts/955655464495165


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 

御茶ノ水のロティサリーチキン★
「鶏ふぇす」でレッツ、ドリンク!

こんにちは。「鶏ふぇす 」御茶ノ水駅前店のえりなです♫
「鶏ふぇす」では、好みのドリンクを好きなだけ自分流にアレンジできるセルフ飲み放題。気の合う仲間と楽しく飲めるお店です。

そして、お店のいちばんのオススメ料理は何と言ってもロティサリーチキン。先日、店長に教えてもらった開発者の思いをご紹介します。

低温でじっくり焼き上げる丸焼きチキンは、ジューシーで本当に美味しい。

少し高級なお店で振舞われるロティサリーチキンだけれども、もっと多くの人に気軽に楽しんでいただけないだろうか。そして、日本の鶏料理は焼き鳥や唐揚げが多いけれども、世界が知っている美味しさをもっと伝えられないだろうか。

鶏ふぇすは、そんな商品開発部一人社員の思いを実現するかたちで生まれたと、店長語っていました。


そんな思いを聞いて、せっかくの美味しいチキンをぜひ楽しんでいただきたいと思いました^ - ^

ちなみに、私はデミグラスソースの煮込みもオススメです♫
「鶏ふぇす」でお待ちしてます!
レッツ、ドリンクー!!
【店名】ロティサリーチキン&飲み放題「鶏ふぇす」御茶ノ水駅前店
【最寄り駅】JR中央線 御茶ノ水駅
【TEL】03-5283-6235
【営業時間】17:00~翌日1:00
【定休日】無休








【備考】「東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト」(2015年09月20日)より抜粋
http://toyokeizai.net/articles/-/85134


ワタミと鳥貴族、勢いの差はどこにあるのか
「居酒屋離れ」に負けない経営手法はある


 居酒屋チェーン最大手のワタミが重大な局面を迎えている。「和民」「わたみん家」「坐・和民」など祖業である居酒屋(外食)事業の不振に加え、これまで収益を支えてきた介護、宅食(宅配)の両事業も苦境に直面。介護事業については売却の観測報道が出ており、その有力候補として損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)の名前が挙がっている。

 ワタミの前年度(2015年3月期)は128億円の最終損失を計上し、2期連続の赤字となったうえ、今年度(2016年3月期)に入ってからも苦戦が続いている。第1四半期(2015年4~6月期)は15億円の最終赤字で、6月末時点の自己資本比率6.2%まで低下した。

 ワタミの居酒屋事業は昨年度に100店を閉鎖したのにとどまらず、今年度中に不採算の85店舗が追加閉鎖される見通しだ。店舗数は今年度末に470店程度となる見込み。この2年で一気に3割近く減らす計算となる。

居酒屋離れが進んでいる?

 消費者のニーズが多様化したことを受けた「居酒屋離れが進んでいる」との指摘もある。確かにそういう傾向は否定できないものの、すべてに当てはまる話でもない。居酒屋チェーン業態が全体的に苦戦する中でも「特色のある」チェーンは人気を博し、この局面で業績を伸ばしている。

 代表的な企業のひとつが鳥貴族だ。280円均一の焼き鳥店「鳥貴族」を展開する居酒屋チェーンである。主要駅の繁華街で黄色い看板を目にしたことのある人もいるだろう。調理学校を卒業後、ホテルマンを経て焼き鳥店の店長を約2年半務めた大倉忠司社長が1986年に創業。以来、ブランド鳥貴族一本に絞り均一低価格貫いている

 鳥貴族の最新決算である2015年7月期は売上高186億円(前年比27%増)、営業利益11億円(同61%増)と、いずれも過去最高を更新した。業績は右肩上がりで、それに伴って店舗網も拡大を続けており、今年8月末時点で直営228、FC189の417店を構え5年前からほぼ倍増している。

 一方、ワタミの居酒屋事業(国内外食事業)は前年度決算で売上高約600億円に対し、セグメント損失は約37億円。規模の違いはあれど、業績、店舗網とも縮小を続けるワタミと鳥貴族は対照的だ。

 ワタミの居酒屋事業が苦戦している要因のひとつは、従業員の「過労死自殺」問題をめぐるブランドイメージの悪化がある。ただ、それだけで2社の勢いの違いは説明できない。2社の違いを分析してみよう。


鳥貴族 大倉忠司 大倉忠義 関ジャニ∞ ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 


浮き彫りになる2社の違い

 まずは店舗ネットワークの効率性だ。鳥貴族は、大都市集中的に店舗を展開している。出店している都道府県は全国10都府県のみ。名古屋駅から電車で30分圏内の岐阜駅近辺にすら店舗がなく、また駐車場が必要な郊外型店舗も少ない。

 一方でワタミは、すべての都道府県において少なくとも1店舗は出店し、全国展開をしている。1店舗しかない都道府県は、青森、山形、石川、福井、富山、山梨、島根、鳥取、徳島、佐賀の10県を数える。この他、2店舗のみという県も複数ある。

 こうなるとスケールメリット逆作用することもある。たとえば県内に1~2店しかなければ、食材の流通効率は悪くコストがかさみやすくなるだろう。また、本部が店舗の接客、品質、衛生を管理するためのコスト、たとえば本部社員交通費移動時間がバカにならない。むしろワタミ「全国チェーン」という看板を維持するために、このような店舗ネットワークを形成しているようにも見えてくる。

 鳥貴族は地域を絞り込んで集中的に出店するというドミナント戦略によって、ワタミとは逆のメリットが出てくる。本部からの支援や輸送態勢などを効率化できるワケだ。

(中略)

低価格と高品質にこだわった鳥貴族

 鳥貴族の場合は、焼き鳥メニューを充実させ、サイド、ドリンクメニューを絞り込んでいる。看板料理の焼き鳥に調理場スタッフのオペレーションを集中させやすくなり、業務効率が上がる。メニューの特長も出やすい。

 鳥貴族の場合は単に安いだけでお客の支持を得ているワケではない。高品質を追求し、良質の国産鶏肉に限定して仕入れを行い、店舗で串打ちすることにこだわっている。

 鶏肉は牛肉や豚肉に比べて鮮度劣化が早い。ワタミのような大手総合居酒屋が扱う焼き鳥輸入鶏肉セントラルキッチン(食材集中加工工場)加工するケースが多い。これだと串打ちから店舗で提供するまで1日かかるうえ、在庫も増えて鮮度を保ちにくい通常の焼き鳥店では、1串当たり30グラムに対し、鳥貴族の看板メニューである「貴族焼」は90グラムと約3倍のボリュームがある。

(中略)


鳥貴族 大倉忠司 大倉忠義 関ジャニ∞ ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 清水邦晃 鶏ふぇす 新規業態 店名変更 原因不明 GA-BU-RI ガブリ 


 最後に、鳥貴族とワタミの資産内容を比べてみよう。ワタミリース資産507億円もあり、総資産38%を占める。このワタミのリース資産の多くは中途解約不可のリースであり、中途解約するには一括で残債を支払わなければならない住宅ローンを解消するには、借り入れたお金を一括返済するのと同じだ。

 このリースも含め、固定資産が総資産に占める割合が高いのがワタミの特徴である。総資産に占める固定資産は鳥貴族で48%、ワタミは85%だ。固定資産の比率が高いと、長期的な財務状況が不安定といえる。

 もうひとつ固定資産に関する指標で、固定資産を自己資本(純資産)で割って算出される「固定比率」という指標がある。この指標は、低ければ低いほど良いとされる。鳥貴族は、116%と財務状況が良いといえる水準だが、ワタミは1113%と極めて高い水準だ。

 これはワタミが現在の財務状況下では、過剰な設備投資であることを示唆している。つまり、過剰な設備投資が重しとなり、新たな設備投資がしにくい状況将来の資金繰りを圧迫する可能性すらある。

スポンサーサイト

FC2Ad