ワタミ・渡邉美樹ペディア

渡邉美樹氏・ワタミグループについて報道された記事を保管している、「ウィキペディア(Wikipedia)」ならぬ「ミキペディア(Mikipedia)」である

ワタミが貸借取引の貸株利用等に関する注意喚起に指定される

「日本証券金融株式会社」(2015/7/1)より抜粋
http://www.jsf.co.jp/user-image/1435736477.pdf


日本証券金融株式会社 ワタミ 渡邉美樹 清水邦晃 株価 株式 逆日歩 貸借取引 貸株利用 注意喚起

社発第T-194号
平成27年7月1日

貸借取引参加者
代 表 者 殿

日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三

貸借取引の貸株利用等に関する注意喚起について

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、下記の銘柄につきましては、最近における貸借取引の利用状況等に鑑みて、貸借取引貸株利用等に関する注意喚起をいたします。
今後、貴社におかれましては、当該銘柄置かれている状況をご理解のうえ貸借取引をご利用いただくとともに、併せて当該銘柄の制度信用取引をご利用されるお客様に対しては、貸借取引の申込制限措置等実施可能性がある旨ご注意、ご説明いただくようお願い申し上げます。

敬 具



エコナックホールディングス㈱ 株式(3521)
ワタミ㈱ 株式(7522)

以上2銘柄


日本証券金融株式会社 お知らせ ワタミ 渡邉美樹 清水邦晃 株価 株式 逆日歩 貸借取引 貸株利用 注意喚起








「日本経済新聞」(7522 ワタミ(株)株価データ、 逆日歩・貸借残)より抜粋
http://www.nikkei.com/markets/company/history/gyakuhibu.aspx?scode=7522&ba=1


日本経済新聞 ワタミ 自民党 渡邉美樹 清水邦晃 株価 株式 逆日歩 貸借取引


日付・逆日歩(円)・日歩日数(日)・貸株残(株)・融資残(株)

6/30(火)日証金 6.60 3 795,600 15,500
6/29(月)日証金 0.05 1 753,900 13,900


6/26(金)日証金 0.05 1 646,400 13,200
6/25(木)日証金 0.05 1 649,500 13,500
6/24(水)日証金 0.05 1 641,300 12,500
6/23(火)日証金 0.15 3 618,100 13,900
6/22(月)日証金 0.05 1 602,600 14,000
6/19(金)日証金 0.05 1 594,300 14,900
6/18(木)日証金 0.05 1 598,200 10,500
6/17(水)日証金 0.05 1 597,500 9,200
6/16(火)日証金 0.15 3 601,800 8,700
6/15(月)日証金 0.05 1 592,900 9,300
6/12(金)日証金 0.05 1 619,900 10,900
6/11(木)日証金 0.05 1 623,200 10,900
6/10(水)日証金 0.05 1 596,400 10,500
6/9(火)日証金 0.15 3 597,300 12,700
6/8(月)日証金 0.05 1 591,700 13,200
6/5(金)日証金 0.05 1 588,700 13,900
6/4(木)日証金 0.05 1 583,400 16,300
6/3(水)日証金 0.05 1 594,000 13,300
6/2(火)日証金 0.15 3 595,300 12,200
6/1(月)日証金 0.05 1 594,900 12,200








【追記】「日本証券金融株式会社」(2015/7/3)より抜粋
http://www.jsf.co.jp/user-image/1441784118.pdf


日本証券金融 ワタミ 自民党 渡邉美樹 清水邦晃 株価 株式 投資 投機 逆日歩 注意喚起


社発第T-197号
平成27年7月3日

貸借取引参加者
代表者殿

日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三

ワタミ㈱株式に係る貸借取引の貸株利用等に関する
注意喚起取消しについて


拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、平成27年7月1日付社発第T-194号によりご通知いたしましたワタミ㈱株式(7522)に係る貸借取引貸株利用等に関する注意喚起取消すことといたしましたので、ご通知申し上げます。

敬 具


日本証券金融 お知らせ ワタミ 自民党 渡邉美樹 清水邦晃 株価 株式 投資 投機 逆日歩 注意喚起







追記】「日本証券金融株式会社」(2015/9/9)より抜粋
http://www.jsf.co.jp/user-image/1441784118.pdf


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃


社発第T-333 号
平成27 年9 月9 日
貸 借 取 引 参 加 者
代表者殿
日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三

貸借取引の申込停止措置の実施について

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、下記の銘柄につきましては、最近における貸借取引の利用状況等に鑑み、申込停止措置実施することといたしましたので、ご通知申し上げます。
貴社におかれましては、当該銘柄置かれている状況をご理解のうえ貸借取引をご利用いただくとともに、併せて当該銘柄の制度信用取引をご利用のお客様に対しましても、同措置による制度信用取引のご利用等にかかる制約についてご注意、ご説明いただくようお願い申し上げます。

敬 具



1. 対象銘柄
㈱ユーグレナ 株式(2931)
ワタミ㈱ 株式(7522)(平成27 年8月19 日付社発第T-299 号により注意喚起通知)
㈱トプコン 株式(7732)

2.停止の対象とする申込み
イ.制度信用取引の新規売り(自己の信用売りを含む。以下同じ。)に伴う貸株申込み
および
制度信用取引の新規売りに伴う融資返済申込み
ロ.制度信用取引による買い(自己の信用買いを含む。以下同じ。)の現引きに伴う融資返
済申込みおよび
制度信用取引による買いの現引きに伴う貸株申込み
ただし、弁済繰延期限到来分の制度信用取引による買いの現引きに伴う融資返済申込みおよび制度信用取引による買いの現引きに伴う貸株申込みにつきましては、対象外といたします。

3.実施日
平成27 年9 月10 日(約定日)

以 上


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃








追記】「日本証券金融株式会社」(2015/9/29)より抜粋
http://www.jsf.co.jp/user-image/1443511778.pdf


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃


社発第T-383号
平成27年9月29日
貸借取引参加者
代 表 者 殿
日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三

貸借取引の申込停止措置の解除および今後の貸株利用等に関する注意喚起について

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、下記の銘柄に係る貸借取引の申込停止措置を、平成27年9月30日(約定日)から解除することといたします。
しかしながら、当該銘柄の最近における貸借取引の利用状況等に鑑み、あらためて貸借取引貸株利用等に関する注意喚起を行うことといたします。
今後、貴社におかれましては、当該銘柄の置かれている状況をご理解のうえ貸借取引をご利用いただくとともに、併せて当該銘柄の制度信用取引をご利用されるお客様に対しては、貸借取引の申込制限措置等の実施の可能性がある旨ご注意、ご説明いただくようお願い申し上げます。
敬 具



国際のETF VIX短期先物指数 受益証券(1552)(平成27年8月26日付社発第T-309号により実施)
㈱錢高組 株式(1811)(平成27年9月18日付社発第T-364号により実施)
ワタミ㈱ 株式(7522)(平成27年9月9日付社発第T-333号により実施)
㈱スリーエフ 株式(7544)(平成27年8月31日付社発第T-317号により実施)
クボテック㈱ 株式(7709)(平成27年4月17日付社発第T-22号により実施)

以上5銘柄


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃







追記】「日本証券金融株式会社」(2015/10/6)より抜粋
http://www.jsf.co.jp/user-image/1444116549.pdf


ワタミ㈱株式に係る貸借取引の申込停止措置の実施について
ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃


社発第T-394号
平成27年10月6日
貸 借 取 引 参 加 者
代表者殿
日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、ワタミ㈱株式(7522)につきましては、平成27年9月29日付社発第T-383号により貸借取引の貸株利用等に関する注意喚起をいたしましたが、その後の貸借取引の利用状況等に鑑み、下記のとおり申込停止措置実施することといたしましたので、ご通知申し上げます。
貴社におかれましては、同銘柄の置かれている状況をご理解のうえ貸借取引をご利用いただくとともに、併せて同銘柄の制度信用取引をご利用のお客様に対しましても、当該措置による制度信用取引のご利用等にかかる制約についてご注意、ご説明いただくようお願い申し上げます。
敬 具



1.停止の対象とする申込み
イ.制度信用取引の新規売り(自己の信用売りを含む。以下同じ。)に伴う貸株申込み および制度信用取引の新規売りに伴う融資返済申込み
ロ.制度信用取引による買い(自己の信用買いを含む。以下同じ。)の現引きに伴う融資返済申込みおよび制度信用取引による買いの現引きに伴う貸株申込み
ただし、弁済繰延期限到来分の制度信用取引による買いの現引きに伴う融資返済申込みおよび制度信用取引による買いの現引きに伴う貸株申込みにつきましては、対象外といたします。

2.実施日
平成27年10月7日(約定日)

以 上


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃








追記】「日本証券金融株式会社」(2015/10/21)より抜粋
http://www.jsf.co.jp/user-image/1445412613.pdf


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃


社発第T-416号
平成27年10月21日
貸借取引参加者
代 表 者 殿
日本証券金融株式会社
代表取締役社長 小林 英三

貸借取引の申込停止措置の解除および今後の貸株利用等に関する注意喚起について

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、下記の銘柄に係る貸借取引の申込停止措置を、平成27年10月22日(約定日)から解除することといたします。
しかしながら、当該銘柄の最近における貸借取引の利用状況等に鑑み、あらためて貸借取引の貸株利用等に関する注意喚起を行うことといたします。
今後、貴社におかれましては、当該銘柄の置かれている状況をご理解のうえ貸借取引をご利用いただくとともに、併せて当該銘柄の制度信用取引をご利用されるお客様に対しては、貸借取引の申込制限措置等の実施の可能性がある旨ご注意、ご説明いただくようお願い申し上げます。
敬 具



アクモス㈱ 株式(6888)(平成27年9月17日付社発第T-362号により実施)
ワタミ㈱ 株式(7522)(平成27年10月6日付社発第T-394号により実施)

以上2銘柄


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 自民党 日本証券金融 株式 株価 売買 ストップ安 空売り デイトレ 申込停止措置 注意喚起 清水邦晃









【備考】「Yahoo!ファイナンス 投資成功への情報活用術」(Vol.2 掲載期間:2010年5月1日〜5月31日)より抜粋
http://finance.yahoo.co.jp/tieup/nomura/vol2/


ワタミ ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 わたみん家 株式投資 個人投資家 株主 売買 時価総額 取引値 自民党


特集インタビュー 人生を豊かにする株式投資とは
ネット証券の登場で、誰でも小学から投資を楽しめるようになったが、そうした状況を経営者はどのように見ているのだろうか。カリスマ経営者としてメディアでもおなじみのワタミ会長・渡邉美樹氏に、経営者の側から個人投資家に期待すること、およびこれからの株式投資の狙い目をお聞きしました。



企業にとって株主同志であり最大の応援団

- ワタミが株式を店頭公開したのは1996年。当時、株式を公開するに際してどんなことを考えられていましたか。

 それまでは自分が知っている方だけに株を買っていただいていたわけですが、株式を公開するということは、直接会ったことのない皆さんに株を買っていただくことになります。大切なお金を投資していただくわけですから、しっかりと業績を伸ばす必要があるという責任感を強く感じました。
もう一つはディスクローズですね。いいときも悪いときも、ちゃんと事実を伝える一部の株主だけではなくて全体に対して正しい情報を発信して、「あの会社は常に誠実である」という信頼の中で投資をしていただける会社になろうと。この二つが店頭公開したときに決心したことです。

- 最近はネット証券の普及によって個人でも気軽に株が売買できるようになりました。これを経営者としてどのようにご覧になっていますか。

 株式市場の垣根が下がったというのは、大変いいことだと思います。ただ、デイトレーダーのように頻繁に売買を繰り返して、1日のうちの高値と安値で利益を上げるというのは、あまり健康的ではないやはり株主になるということは、その企業を応援することだと思うんです。企業が伸びていくことによって株の資産価値も上がっていくというのが自然な形ではないでしょうか。

- ワタミの株は個人投資家からも人気が高いですね。

 非常に感謝しています。私は、企業にとって株主というのは、同志であると同時に最大の応援団であると思っているんです。「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになりたい」というのが当社のスローガンですが、株主の皆さん「たくさんありがとうを集めろよ」という意味で大切なお金を預けてくださっていると思っています。

スポンサーサイト