ワタミ・渡邉美樹ペディア

渡邉美樹氏・ワタミグループについて報道された記事を保管している、「ウィキペディア(Wikipedia)」ならぬ「ミキペディア(Mikipedia)」である

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタミファームに対し自治体が補助金の支援

「日経MJ(流通新聞)」(2012年2月15日 水曜日)より抜粋
http://www.nikkei.co.jp/mj/

「安心」育成、コストの壁

 「食の安心・安全」は自らの手で育てる――。小売りや外食企業が青果などの生産段階まで入り込むことができる自社農場。トレーサビリティー(生産履歴の管理)を徹底でき、放射性物質の検査も機動的に行えることから、消費者の不安払拭へつながるとの期待は高い。ただコストや規制など、拡大を妨げる壁は多く、参入企業は覚悟を問われる。



小売り・外食の自社農場

 大分県臼杵市でワタミグループが運営する7・5ヘクタールの「臼杵農場」。その一角のビニールハウス(約800平方メートル)では、1月中旬に植えられた4000本のグリーンリーフレタスが整然と並ぶ。無農薬で育てているだけに、担当者は生育状況のチェックに余念がない。3月下旬には収穫され、居酒屋「和民」などへの出荷が始まる。
 店ではメニューに自社生産を大きく表示。これらのレタスを用いた「有機野菜のシーザーサラダ」は「子供に安心して食べさせられる」と人気を集める。原発事故以降、外食店でも食材の産地を気にかける消費者が増えているのは追い風だ。

 だが、農業運営自体は順風満帆というわけではない。ワタミが自社農業を始めたのは2002年。
 この10年で8つに広げたが 農業生産法人、ワタミファーム(千葉県山武市)が黒字化したことはない。

 開設時などに有機栽培に適した土地への改良に多額の費用が必要になるほか、事務所建設、トラックやトラクター購入といった初期投資の償却負担も重い。経費の4割を占める人件費は「ギリギリの人数で減らしにくい」(岡田拓也臼杵農場長)。納入先グループ企業もメニュー価格への転嫁を防ぐため、高単価では買わない

 臼杵農場は開業3年目にあたる13年3月期に黒字化が見込まれる珍しいケースだが、これは誘致に積極的だった自治体の支援があってこそだ。

 市などは土壌改良工事費約500万円を負担、トラクター購入費の半額も補助し、使途を定めない補助金300万円も供与した。

 補助金がなければ黒字化不可能だろう」(岡田農場長


ワタミファームの農場運営経費内訳 臼杵農場の場合(7.5ha)

人件費 40%     ・正社員3人とアルバイト約10人(繁忙期の臨時雇用含む)
減価償却費 10%  ・トラクター購入費に臼杵市などが補助。減価償却費は他の農場よりも少ない
肥料費 10%     ・准肥事業に力を入れる市からの准肥は他の農場よりも良質でコストもほぼ変わらない
種苗費 10%
その他 30%









【備考】「【正社員求人多数】転職ならジョブセンスリンク」(ハローワーク佐伯)より抜粋
http://job.j-sen.jp/hellowork/job_10616563/


ワタミファーム 給与 給料 年収 月給 時給 賃金 雇用 求人 就職 募集 転職 渡邉美樹 桑原豊 ハローワーク 

募集職種 農作業員

仕事内容
・農場にて、【さつま芋、里芋、人参、レタス、大根等】の有機栽培による農作業・パソコンを使用しての日報の作成・トラクターで草刈りや耕運作業・集荷業務、電話応対 等
*就業時間は季節により変動があります

雇用形態 正社員以外

給与 月給

a 基本給(月額平均)又は時間額116,580円~130,000
b 定額的に支払われる手当


a + b 116,580円~130,000



ワタミファーム 給料 給与 年収 月給 時給 賃金 雇用 求人 就職 募集 転職 渡邉美樹 桑原豊 ハローワーク

会社名称
有限会社ワタミファーム臼杵農場
本社所在地
〒875-0237 大分県臼杵市野津町大字西寒田2987-2
従業員数
当事業所12人 (うち女性10人)企業全体12人
事業内容
農業ビジネスに関わる業務全般






【備考】「ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-」(2009年5月20日)より抜粋
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20090514/101403/

外食大手ワタミ農業部門で悲願の黒字

武内智ワタミファーム社長 農業成功のカギは規模と土と人材にあった
聞き手/中西清隆、林愛子 写真/蔦林幸子

外食大手ワタミグループが、ついに農業部門で黒字化を達成した。このところ農業ビジネスへの注目度は高いが、採算確保は容易ではない。なぜワタミは参入7年目にして農業を軌道に乗せることができたのか。グループの農業部門を一手に担うワタミファームの武内智社長に聞く。



武内智インタビュー 黒字化.1

――5月12日に、2002年から手がける農業が2009年3月期決算で黒字との発表がありました。これまで多数の企業が収益悪化で農業事業から撤退していますが、御社の成功の要因はどこにあったのでしょう。

武内智氏(以下、敬称略): 黒字化は1つの節目ではありますが、成功だとは思っていません。本来、農業は良い土の農地で、きちんと計画を立てて生産すれば、それほど大きな赤字が出るビジネスではないからです。

 私が最終的に目指しているのは日本中に有機農業を広めていくこと。現状、有機農産物は価格が高くて、富裕層や食への関心が高い人だけのものになっていますが、収入が低い人にも若い世代にも食べてもらいたいんです。何も考えずに選んでも自然と有機農産物を口にできるくらいまで、有機農業を広められたら成功でしょうね。

――有機農産物の価格が高いのはなぜでしょうか。

武内生産コストが高いわけではありませんが、有機農業に対する国の補助金は十分だとは言えません。

 しかも、小規模生産者が多く、全国農業協同組合(JA)を主体とした既存流通に乗らないことが多い。生産者が自ら販路を開拓し、物流を手配するのは大変なんです。出荷量が少なければ宅配便を使いますから、100円のレタスを運ぶのに1個100円のコストがかかることもあり得ます。その結果、有機農産物の価格は一般農産物の2割から5割増し、ときには2倍となってしまうんですね。

 ワタミグループが農業に参入した理由も、市場で有機農産物の仕入れをすると調達コストがかかり過ぎるからです。そこで我々がこだわったのは規模。現在は全国8カ所に農場がありますが、いずれも4tトラック1台満載で出荷できる規模で生産することで、物流コストを低減しています。


武内智インタビュー 黒字化.2

――600店舗以上の飲食店を擁するワタミグループだからこその規模と言えそうですね。

武内: ワタミグループでは食の安全・安心ために有機農産物の使用を拡大していて、そのうちの約3割がワタミファームの農産物です。ほかには、業務用や小売用として外部に卸しています。グループ内販売だけでは当社の成長が限定されますし、有機農業を全国に広められませんから。また、外部に売ることで商品力が向上します。有機農産物も市場の農産物と対抗できるレベルにならないといけません。

 とはいえ、農業はいまだに儲かる事業ではありません。代々受け継いだ農地と農業機械を持つ農家が補助金をもらって成り立ってきた世界ですからね。新規参入した企業が容易に利益を出せるものでもなく、まずは投資回収のハードルを下げることが重要です。

 例えば、トラクターなどの農業機械は新品だと500万円から1000万円かかります。リースで初期投資を抑えるのも1つの方法ですが、当社では投資全体に抑えるために、主に中古を購入しました。価格は新品の半値以下。農業はほかの事業よりも投資回収に時間がかかりますから、こうした積み重ねが効いてくるんです。





「有機野菜生産・販売のワタミファーム」(会社概要)より抜粋
http://www.watamifarm.co.jp/new/corp_new/corp_new.html


ワタミファーム 会社概要 渡邉美樹 磯野健雄 ワタミ 和民 有機野菜


 農業生産法人 有限会社ワタミファーム

 所在地 〒289-1226 千葉県山武市横田191 
 TEL 0475-80-8085 FAX 0475-89-0111
 設立 平成14年4月18日
 資本金 300万円
 代表取締役 磯野 健雄
 決算期 3月

平成14年 1月 千葉県山武町にて農場運営を開始(3.2ha)
平成14年 4月 有限会社ワタミファーム設立(資本金300万円)
平成15年 9月 株式会社 ワタミファーム設立
          (有限会社ワタミファーム組織変更)
           農業生産法人 有限会社 ワタミファームを新規設立
平成22年 4月  大分県臼杵農場開設(7.4ha)






【備考】「社団法人 日本農業法人協会」より抜粋
http://hojin.or.jp/standard/i_about.html


農業生産法人

 農業法人とは、「法人形態」によって農業を営む法人の総称です。
この農業法人には、「会社法人」と「農事組合法人」の2つのタイプがあります。

 また、農業法人は、農地の権利取得の有無によって、「農業生産法人」と「一般農業法人」に大別されます。

 農業生産法人は、“農業経営を行うために農地を取得できる法人”であり、株式会社(株式譲渡制限会社(公開会社でない)に限る)、農事組合法人(農業経営を営む、いわゆる2号法人)、合名会社、合資会社の5形態です。
また、事業や構成員、役員についても一定の要件があります(ただし、農地を利用しない農業の場合は農業生産法人の要件を満たす必要はありません)。

 法人化する場合、どのタイプの法人を選ぶのか、それぞれの法人形態の特色や自らの経営展望に照らして選択する必要があります。






【備考】「日本農業新聞 e農ネット -」(2010年1月21日)より抜粋
http://www.nougyou-shimbun.ne.jp/modules/bulletin1/article.php?storyid=2577


新モデル構築へ 販売部門てこ入れ/ワタミの農業事業

 居酒屋大手・ワタミの子会社である(株)ワタミファームは今年上半期中に、農業の新たなビジネスモデルを再構築する。
 同ファームが行っていた農産物の仕入れ、販売部門を別の子会社に移すなど、特に販売部門をてこ入れする。 ワタミの経営で、農業を外食、介護、食事宅配に続く第4の柱に育てる。

 ワタミ渡辺美樹会長は20日、同ファームが今期も赤字となることを示唆。要因として、農業の難しさワタミ支援不足を挙げた。

 そのため「責任を取って私が(ファームの)社長に就いてビジネスモデルをつくり、次の株主総会で提案、若い経営陣に引き継ぎたい」と話した。

 (株)ワタミファーム武内智社長は顧問として今後も経営を後押ししていく。





【備考】「流通ニュース」(2011年01月27日)より抜粋
http://www.ryutsuu.biz/strategy/d012707.html


ワタミ/農産関連事業強化で子会社合併

ワタミは1月25日、連結子会社のワタミ手づくりマーチャンダイジングとワタミファームを合併すると発表した。

 農産物の卸売・外販・宅配等の農業関連事業の取り組みを強化するため、製造・仕入部門と一体で運営・管理を行い、ワタミグループにおける1次産業、2次産業の成長・拡大を図るため合併する。

 ワタミ手づくりマーチャンダイジング存続会社とし、ワタミファーム消滅会社とする吸収合併方式で合併を実施する。










【備考】「十勝毎日新聞社」(2014年4月15日 14時10分)より抜粋
http://www.tokachi.co.jp/news/201404/20140415-0018139.php


ワタミ 花畑牧場 自民党 渡邉美樹 桑原豊 田中義剛 生キャラメル 高橋愛

花畑牧場がワタミと提携 乳加工品全国店舗へ

 外食大手ワタミグループ」(東京、桑原豊社長)花畑牧場」(中札内村、田中義剛社長)は15日から、乳製品を使って共同開発した料理とデザート各5品を居酒屋チェーン和民など全国587店舗で提供する。両社は「6次産業モデルを持つ企業が提携した国内初の大きな取り組み」としている。

 同グループ子会社「ワタミファーム」(千葉)が乳牛約100頭を飼育している釧路管内の弟子屈牧場(約260ヘクタール)から日量約1.5トンの生乳を花畑牧場に搬入し、モッツァレラチーズやラクレットチーズなどに加工。これらを使った計10メニューを十勝帯広店を含む「和民」の他、「坐・和民」「わたみん家」「炭の鳥子」で扱う。

 桧山管内の同ファーム瀬棚農場のフレッシュチーズも花畑牧場で最終加工する。第1弾のメニューは「ふわとろツナマヨヘルシーピザ」「おもちとろ~り和風チーズグラタン」「スフレパンケーキ」「瀬棚農場のバニラアイスと花畑牧場の生キャラメルのアッフォガード」などで、3カ月ごとに新商品を開発する予定。

 14日、東京都新宿区で開かれた発表会では、同グループ創業者の渡邉美樹(参院議員)と田中社長がトークセッションに臨んだ。田中社長は「農業は立派なビジネスになり得る。ワタミとのコラボレーションで、海外にも行けるというのを見せたい」と意欲。渡邉氏も「日本の6次産業のモデルにしたい」と応じた。

 コラボレーションの「キューピッド」に任命された歌手、女優の高橋愛さん(元モーニング娘。も加わり、弟子屈牧場産牛乳で乾杯。桑原社長は新メニューを紹介し、「『安全』『安心』『手作り』『季節感』のコンセプトに合うのは花畑牧場しかない。末永く取り組みたい」と話した。







「ワタミ株式会社」(2015年10月19日)より抜粋
http://www.watami.co.jp/pdf/151019whd.pdf


ワタミファーム ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 アレーテー 介護 売却 身売り 増資 無配当 赤字 自民党 清水邦晃 吉田光宏


平成27年10月19日
各 位
ワ タ ミ 株 式 会 社

弊社グループ会社生産商品における有機JAS表示について

平素は、弊社グループ事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社グループ会社である農業生産法人 有限会社当麻グリーンライフ(以下、「当麻GL社」)が生産する農産物並びにそれを原料として製造する加工食品について、生産時に使用する特殊肥料(堆肥)有機JAS認証では不適合資材となることが農林水産省より通知がありました。
当麻GL社においては、該当の特殊肥料(アサヒステップ10エコスα55)を春肥として使用していましたが、この特殊肥料の製造元の「ゴールド興産株式会社」の全ての肥料が有機JAS認証上の不適合資材となったことにより、当麻GL社の有機生産物については、10月1日付をもって自主的に有機JAS表示を停止することといたしました。
生産者としての当麻GL社には瑕疵がないことから、農林水産省の通知にもとづき、同社の圃場認定は継続され、同圃場において生産された農産物につきましては、該当資材の最終使用日(平成27年6月)から1年間の有機JAS表示を停止いたします。
また、今回の当麻GL社の有機JAS表示停止にともない、弊社グループにおきましては、該当商品並びに該当商品を原材料として使用する商品についてのJAS有機表示を同期間停止することといたします。
尚、同じく弊社グループ会社である、農業生産法人 有限会社ワタミファームにおいては、該当の特殊肥料の取扱いはありませんので、引き続き有機JAS表示を継続していまいります。
弊社グループといたしましては、今後とも安全・安心な商品をお客様にお届けするべく、取り組んでまいりますので、引き続きご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

以 上

本件に関するお問い合わせ先
ワタミ株式会社 広報CSR部 電話:03-5737-2784


ワタミファーム ブラック企業 和民 ブラック 渡邉美樹 アレーテー 介護 売却 身売り 増資 無配当 赤字 自民党 清水邦晃 吉田光宏


スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。